マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
スポンサーサイト    --.--.-- [--] (--:--)  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
 ・ スポンサー広告 】 ページトップ△
ゼブラーマン - ゼブラシティの逆襲 -    2010.05.13 [木] (20:30)  
先週、職場の子たちと映画を見に行ったときのこと。
矢島美容室か、それともゼブラーマンを見るか・・・見に行く全員で、GWにテレビでやっていた前作のゼブラーマンを見れてたら、ゼブラーマンを見よう、と決めていた。
が、まともに見てたのは私だけ。
そういうわけで、矢島を見ようとしてたのだけど、ちょっと諸事情で、やはりゼブラーマンを見ることに。


前作の2010年より15年後を描いた今作。
ゼブラーマンだった主人公は、力を無くし、しかも記憶も無くして、登場する。
そこから物語は始まるんだけれど、この映画の注目ポイントはやはり、仲里依紗ちゃん演じるゼブラクイーンだと思う。

仲里依紗ちゃんといえば、私はドラマ「神の雫」とか今やってる「ヤンキー君とメガネちゃん」で見ているイメージしかないので、このゼブラクイーンは、ホントに弾けてるというか、頑張ったんだなぁと感心するばかり。
テレビの歌番組でもゼブラクイーンとして歌ったりしてるらしいけど、それらの番組を見てなかったので、映画で歌ってるだけの姿しか知らない。でもおそらくあの衣装とメイクのおかげで、"ゼブラクイーン"として弾けることができるんじゃないんだろうか。
ホントにゼブラクイーンはすごかった。

ゼブラクイーンの正体が何かっていうのは、劇中で明らかになる。
そして前作でも出てきたエイリアンと戦うことになるんだけれど、主人公ゼブラーマンだけでは戦うことができない。
で・・・。


途中まで結構良い感じで見れてたのに、終盤グダグダになったのはどうなんだろう。
すんごくコメディになっちゃったけれど?
まあ、あんな終わり方なので、また続編だって作れるだろう。そんな感じ。

だけど、やっぱりふざけた感たっぷりな終わり方はちょっとなぁ。
まあ、所詮B級映画なんだろう。そういう意識で見たら、あの終盤はそれで良い感じなのでは?



あ。
15年後の舞台はゼブラシティ。
朝と夕方の5時から5分だけ、どんな犯罪も許されるゼブラタイムという時間が導入されている、とんでもなく恐ろしい街。
でもそのおかげで犯罪率が下がったとかなんとか・・・。
もしこんな街が本当にあったら恐ろしい。怖いね。
絶対そんなところには住みたくないなぁ。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
【 エンタメ ・ 映画 】 コメント(0) トラックバック(0) ページトップ△
後からコメントを編集・削除する場合はパスワードを入力しておいてください



TrackBack URL
→http://inaina.blog18.fc2.com/tb.php/2183-d2d2fde1

カウンター

プロフィール

カレンダー & アーカイブ

カテゴリー

エントリー & コメント

BlogPeople & TBP

ピクミー

Search

その他

おもちゃバコ

blogram

グリムス

タグふれ&BlogPet