マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
スポンサーサイト    --.--.-- [--] (--:--)  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
 ・ スポンサー広告 】 ページトップ△
瀬田の唐橋は何色?    2010.02.10 [水] (19:18)  
さっきニュースで見た話題を。

私の実家の近くにある瀬田の唐橋。琵琶湖から流れ出る瀬田川にかかっている橋です。
歴史は古く、宇治橋、山崎橋とならんで日本三名橋・日本三古橋の1つとされています。
また、近江八景の1つに「勢多夕照(せたのせきしょう)」というのがありますが、これは瀬田の唐橋を含む風景のことです。
浮世絵師の歌川広重が描いた近江八景の「勢多夕照」には、当然ながらこの唐橋がちゃんと描かれています。

平安時代のことですが、藤原秀郷(俵藤太)の百足退治伝説というお話があります。
これは、

唐橋に大蛇が横たわってしまい恐れて人が通行できなくなった。
しかし、俵藤太は臆することなく踏んで渡った。
そしてその夜、俵藤太のところにきれいな娘が訪ねてくる。
琵琶湖に住む龍神一族の娘で、実は唐橋に横たわっていた大蛇はその娘の化身だったのだという。
娘は大蛇を怖がらなかった俵藤太の度胸を見込んで、三上山に住んでいる百足を退治して欲しい、と俵藤太に懇願数する。
そこで俵藤太は承諾し・・・


というお話。詳しくはWikiPedia(藤原秀郷)などで・・・。
そんな伝説にも登場するくらい、ほんとに歴史のある橋です。
そして、東海道もこの唐橋を通っていますね。(ただ、現在、国道1号線は唐橋より北側にありますが。)


さて・・・。
その唐橋が、老朽化に伴い、塗装されることになったそうです。
色は、今まで通りのクリーム色。

でも、いざ塗り替えようとしたときに、地元住民から、「待った!」の声がかかったんだそう。
そんな色じゃなくて、朱色がいい、と。
また、近くの商店街でもアンケートをとったところ、朱色がいいという意見の方が多かったそうです。


で、なぜ元々クリーム色に塗られてたのか、というと、木製から鉄筋コンクリート製になったとき、以前の木製の色に近いように、と、その色にしたんだそう。
ちなみに鉄筋コンクリート製になったのは1979年・・・私生まれてるしw。

そして、じゃあなぜ「朱色がいい」という声があるのか。
その一因として、ニュースで取り上げられていたのが、石山寺にある「石山寺縁起絵巻」(重文)。
そこに描かれている唐橋が、なんと朱色なんだそうです。
ニュースでもその絵が出ていましたが、欄干は赤かった☆

唐橋が描かれたものとして、最古のものが「石山寺縁起絵巻」なんだそうです。
一昔前の木製の橋には色が無かったけど、遠い昔の橋には色があったんですね。
(広重が描いた「勢多夕照」の唐橋は、黒い・・・。まあ欄干とかがただの線でしか表現されてないし・・・)


結局、話し合いの場が持たれたものの、結論は出ずで、次回に持ち越された、唐橋の色の問題。
私も子供の頃から知っている橋だから、今後の行方は気になりますね。まあ、最近渡ってないけど。
で、私はどっちがいいかと言うと、朱色かなぁ。クリーム色よりは断然いいかな、と思います。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
【 日記 ・ ニュース 】 コメント(0) トラックバック(0) ページトップ△
後からコメントを編集・削除する場合はパスワードを入力しておいてください



TrackBack URL
→http://inaina.blog18.fc2.com/tb.php/2080-70c815ec

カウンター

プロフィール

カレンダー & アーカイブ

カテゴリー

エントリー & コメント

BlogPeople & TBP

ピクミー

Search

その他

おもちゃバコ

blogram

グリムス

タグふれ&BlogPet