マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
スポンサーサイト    --.--.-- [--] (--:--)  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
 ・ スポンサー広告 】 ページトップ△
ターミネーター4    2009.06.23 [火] (21:52)  
日曜の夜、レイトショーでターミネーター4を見てきました。

英題は、"Terminator Salvation"。
英語が得意ではないので、辞書で調べましたが、"salvation"とは救出とか保護、という意味があります。

さて。
前作から続いているのか、そこが気になったのですが、本編内では、ほとんどそういうのは語られていません。
でも、ジョン・コナーの奥さんの名前とか、その他の設定などからして、一応続き、、、という判断をしてもいいのかもしれませんね。


ターミネーター4は、ここから始まる3部作の1作目となるそうです。
(ターミネーター5は、2年後には公開予定とか)
で、メインキャラとなるジョン・コナーは、えっと、、、バットマンで最近有名になったクリスチャン・ベール。
いい役貰いましたね。

でも、このターミネーター4、私が思うに、主役はこのジョン・コナーっていうより、"謎の男"マーカス・ライトなんじゃないかな、と。
映画を見た方には分かると思いますが、残念ながら多分、このマーカスは次回作には出ないと思うんですけど・・・ね、残念ですね。

さて、映画の内容ですが、色々と書きたいのですが、書くとなると思い切りネタバレになるので、今回は追記に書こうかなと思います。
今まで映画の感想は追記とかで書いたことないんですよね、そういえば。いつもうわべだけのところしか書かなかったので。


そうそう。
私の大好きな、ヘレナ・ボナム・カーターが科学者として出てました。
死刑囚マーカスに献体をお願いする役です。
彼女は、、、そうですね、"ハリー・ポッター"とか出ていますね。
ティム・バートンの奥さんなので、"チャーリーとチョコレート工場"とか"スウィーニー・トッド"に出ています。
すごく個性的な女優さんなので大好きなんですよね。

そして、番宣などの映像でちょこちょこ出てたのでもうほとんどの人が知っていると思いますが、シュワちゃんがT-800モデルのターミネーターとして登場しています。
でも、実は・・・。体は別のボディビルダーの方。
元々T-800は全身このボディビルダーが出演するハズだったのですが、最終的に顔だけ、若い頃のシュワちゃんに差し替えられたそうです。
なので、これから見に行かれる方は、T-800の体もじっくりご覧くださいな~w


では、色々と追記で書きます。ネタバレしてるので、見たい方だけどうぞ↓。
戦争映画っていうくくりでもおかしくないなぁ、と見てる間ずっと思っていました、コレね。
私、どっちかというと、戦争映画は好きではないんですよね。

まあ、人間vs機械の戦いなので、現実味はないしSFなんだけれども、戦うシーンとか、そういうところがリアルすぎるんですよね。カメラワークとか撮影技術が良すぎるからかなあ。
(まあね、お金しっかりかかってる映画ですしね、リアルに作れますけどね)


でも、敵(スカイネット)がバンバン攻めてくる割には、何でここでは攻めてこぉへんのやろ?というシーンも結構ありました。不思議です。ホント不思議です。
ここで敵が来たらおしまいやで、っていうところでは、何故か出てこない。まあ、映画なのでね。

そういうツッコミどころは結構満載。ダンナも同じこと言っていました。
でも、そういうこと全てがスカイネットの仕組んでいたこと、というふうに思えば半分納得もいくかもしれませんけど(^ー^;)



さて、今回のこの映画のテーマは、『人間ってなんぞや』ってところなんだと思ったんですけど、どうでしょう。

"謎の男"マーカスは自分の体を献体することによって、心臓と脳以外の部分が機械となってしまうんですね。
そうなってしまってから15年後に目覚めるんだけれど、自分の体がそうなってしまったことを知らないんですね。

色々あって自分の体が半分機械だったと分かっちゃうんですけど、それでも彼は人間として生きようとする。
スカイネットの拠点に入り込んで、全てのことを"知る"けれども、スカイネットとは決別する。
体が機械であっても、心までは機械にはなれなかったんですね。

そして最終的には、自分の心臓を他人のために使って貰うんですね。
ニ度目のチャンス、、、映画の中で出くる、キーとなるセリフなんですけど、その二度目は、"献体したとき"ではなく、"心臓を使って貰って、他人の中で生き続けようとするとき"だったということ。

本当は半分機械でも生き続けたかったんだと思うんだけれど、心臓を提供するというところに、マーカスの強さが出ています。
ジョンよりかっこええ、、、ですよ、ホンマに。
(マーカス役のサム・ワーシントン、、、イケメンではないかもしれないけど、私は好きだぁ・・・♪)

誰に心臓を渡したのかは、そこまでは書かないでおきましょうね。


もう一度見てもいいかもしれないなぁ、この映画。
実は見た夜、興奮してなかなか寝られなかったんですよねーー。
映画の中では、あまり語られない部分があったりして、見ている側が自分で考えるようになっていると思うんです。
(多分、今までの3作に比べると、設定部分とかそういうののセリフって少ないんじゃない?)
もう一度見たら、もしかしたらまた違う見方ができるかもしれないし、一度見ただけでは分からなかったところが見えてくるかもしれないし。


あ、あまりここでは書かなかったですけど、カイルもなかなか活躍してますよ。
私はターミネーター1で登場したカイル役のマイケル・ビーンが当時すっごく大好きだったので、カイルにはまあまあ思い入れあるんですけど、今作ではちょっとまだ子供過ぎますよね~。
次回作はどうなるんでしょうかねぇ。楽しみだなぁ・・・。
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
【 エンタメ ・ 映画 】 コメント(0) トラックバック(0) ページトップ△
後からコメントを編集・削除する場合はパスワードを入力しておいてください



TrackBack URL
→http://inaina.blog18.fc2.com/tb.php/1756-1219cad3

カウンター

プロフィール

カレンダー & アーカイブ

カテゴリー

エントリー & コメント

BlogPeople & TBP

ピクミー

Search

その他

おもちゃバコ

blogram

グリムス

タグふれ&BlogPet