マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
スポンサーサイト    --.--.-- [--] (--:--)  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
 ・ スポンサー広告 】 ページトップ△
容疑者Xの献身    2008.11.05 [水] (12:04)  
ようやく、原作を読み終えました・・・。

実は、映画は先月見に行ったんです。
ポイントがたまってて、タダで見る事ができたので。

映画を見終わったら原作読もうと思っていたのですが、明らかに失敗。
見る前に読めば良かったかな。
だって、映画で得た情報を当てはめて読んでしまうもんだから、原作の細かいところまでが頭に入ってこないんですよね・・・。

先に原作を読んだダンナは、映画を見に行かない、と言いました。
まあ、、、テレビドラマでやってたガリレオみたいに物理を使った推理とかそんなのは出てこないし、なんせ、すごく虚しい結果のお話じゃないですか。
ダンナが見に行かないという気持ちも良く分かりました。

でもね。
やっぱり、文章で入ってくるものと、映像で入ってくるものとでは、違うところもありますよね。
石神の勤怠表などのトリックに絡んでくるようなシーンとか、各人物の感情表現とかは、映像で見た方がよく分かる。
私は映画を見て良かったと思っています。

それと、石神役に堤真一を起用したのは正解かも。
石神という人は、昔はそれなり、でも今は・・・、っていう設定なんだけれど、まあまあイケてる俳優さんのハズの堤さんが、猫背でパッとしない中年男性をうまく演じているんです。
そしてその石神は、イケメン湯川をうらやましがる。
終盤、取調室で、石神と湯川が対面するんだけれど、その2人の姿が相反している感じが出てて、さすが堤さん、と感心してしまいましたね。

彼女を守るための彼のそのトリックというか、余計な犯罪は映画の後半まで気づきませんでした。つーか、映画の途中で、ちゃんと伏線はってあったのにね。

好きな人を守るために、自らが犯さなくてもいい罪を犯してしまう・・・。
初めて人を愛してしまったが故にこんなことを起こしてしまった、、、みたいなことを湯川は言うんだけれど、いやいや逆に言えばね、今までに人を愛することをやっていれば、こうはならなかったよ、ってことなんじゃいの?多分。
不器用な、それでいて純粋だった石神だからこそ、の行動だったのかもしれませんね。


容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
(2008/08/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ブログブログ ブログパーツへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
【 エンタメ ・ 映画 】 コメント(0) トラックバック(0) ページトップ△
後からコメントを編集・削除する場合はパスワードを入力しておいてください



TrackBack URL
→http://inaina.blog18.fc2.com/tb.php/1446-ea2d7947

カウンター

プロフィール

カレンダー & アーカイブ

カテゴリー

エントリー & コメント

BlogPeople & TBP

ピクミー

Search

その他

おもちゃバコ

blogram

グリムス

タグふれ&BlogPet